ショップの紹介と店長のプロフィール

Pocket

—音楽をもっと自由に楽しもう—

プロフィール写真

こんにちは。

店長の松澤泉です。

”ショップの紹介と店長のプロフィール”にお越しいただき、ありがとうございます!

 

私は3歳の時に父が弾いた”ねこふんじゃった”に衝撃を受け、4歳からピアノを習い始めました。

でも、発表会以外はバイエルばかりで嫌になってしまい、10歳でピアノをやめ、バトミントンばかりしていました。

そして6年生の時にはバトミントン部の部長をしていたので、

中学生になってもバトミントンを続けるつもりでいました。

たまたま、前の席の子が小学校でトランペットを吹いていた子で、

『一緒に吹奏楽部に見学に行こう?』と誘ってくれて、何気なく見学に行きました。

そしてそこで、出会ってしまったんです。

オーボエに。

 

まだその頃はオーボエという楽器も知らなかったのですが、

オーボエを吹いていた”学校一の美人”に『一緒にオーボエやろう?』と

誘っていただき、その場で吹奏楽部でオーボエを吹くことを決めました。

何もわからずに始めたオーボエ。

ただただ吹くことが楽しくて、毎日の部活がすごく楽しみでした。

でも、ひとつだけ悩みがあって。

それがリードでした。

 

始めたばかりの頃の私は、本当によくリードをだめにしていました。

そして私はリードをだめにする度に、学校から家に電話をし、

母に買ってきてもらっていました。

母曰く、『あの頃は毎日のようにリードを買いに行かされていたわ』だそうです。

あの頃はリードの選び方もわからず、地元の楽器屋さんで吹き心地を聞き、

試奏もしないで購入していました。

そして高校に入り、吹奏楽部へ入部。

そこで出会った指揮者の先生に

『僕の友達のオーボエ奏者を紹介するから行ってみないか?』と

言っていただき、アメリカンスタイルのオーボエと出会いました。

 

初めてのレッスンの時、

『オーボエってこんなに素敵な音がするんだ!』

『こんなに吹きやすいリードがあるんだ!』

と、ただただ感動でした。

そして、”リードは調整が必要”、”リードは作ることができる”ということを知りました。

それからしばらくは作っていただいたリードで吹いていたので、リードで悩むことはなくなりました。

でも、自分でリードを作るようになって、またリードで悩むようになりました。

(今の悩みは昔の悩みとは違い、どうしたらいいリードが作れるかというものです。)

そしてよく、オーボエを始めたばかりの頃のことを思い出しました。

もしあの頃の私に会えるとしたら、

『こんなに吹きやすいリードがあるんだよ』と教えてあげたいと思いました。

そして当時の私のように、リードの悩みを抱えている方が、

少しでもリードに悩まされることなくオーボエを吹くことができないかと考え、

この『オーボエリード通信販売専門ショップ ーイズミクリエイションー』を始めました。

当ショップでは、私がリードメイキングを教わっている、西入優子さんのリードを販売しております。

 

でも、とても素晴らしいリードを作っていらっしゃるとどんなに私が言っても

”通信販売では試奏が出来ない”という怖さがあります。

そこで”調整チケット”と”ワンコイン調整チケット”を用意させていただきました。

それだけでなく、食べ物ではありませんが、リードは口に含むもの。

なので、製作者の”顔”も見えるようにしています。

ご購入後も安心して吹いていただけると幸いです。

そして、オーボエをもっと自由に楽しんで吹くことができると嬉しいです。

あなたのオーボエ・ライフが益々素晴らしいものになりますように。

 

 

店長:松澤泉のプロフィール

4歳よりピアノを学び、12歳よりオーボエを始める。

東京都立町田高等学校普通科を経て、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科に入学。

オーボエで入学するも、自身のアメリカン・スタイルを貫くためにオーボエ専攻を1年で辞め、在学中は『五感を癒す空間作り』を志し、作曲とアート・セラピーを学び、オーボエはボストン交響楽団の若尾圭介氏のオーボエキャンプやマスタークラス、元シカゴ交響楽団のレイ・スティル氏のマスタークラスで学ぶ。

卒業後は空間作りを学ぶため、インテリア・デザイナーのアシスタントとして各地のホテルや結婚式場などへ向けたインテリアや家具、ディスプレイ雑貨の製作に携わる。

音楽でより多くの方とつながりたいという思いから『オーボエリード通信販売専門ショップ ーイズミクリエイションー』を始め、オリジナルのオーボエグッズ等の製作・販売中。

ただいまJAZZを勉強中。

Facebook